和気あいあいとした社風です/2011年入社/浅野弘茂さん

〜 検査の仕事は自分を律しながらコツコツとやるもの 〜

検査員としての業務を経て、現在は検査員の教育を担当しています。現場では、経験がないスタッフの新人教育から既存のスタッフに向けた教育まで日々トレーニング内容を考え、実行しています。検査の仕事は常に自分を律しながらコツコツとやるもので、自分との戦いと言っても過言ではありません。メインとなるのは、基板や部品に異物が付着していないかをチェックし、機械では判断できないレベルのものを人間の目で確認していく作業です。やりがいを感じるのは「ありがとう」と言ってもらえる時。1年ほど前から、感謝の気持ちをカードに書いてスタッフ同士渡し合うサンクスカードという取り組みを会社全体で行っていて、「ありがとう」「助かりました」という言葉をひと言でももらえると嬉しくなります。

検査の仕事は自分を律しながらコツコツとやるもの

〜 和気あいあいとした社風 〜

現場は女性が多いため、男性比率の高い学生時代を送ってきた自分は入社してすぐは馴染むことができませんでした。けれど先輩たちが開いてくれる飲み会に参加しているうちに自然と打ち解けられるようになり、今では和気あいあいとした雰囲気の中で仕事を行えています。年に数回行われる近況報告会や全社報告会では、他部署のスタッフとも交流がありますし、何より「飲みニケーション」と呼ばれる飲み会が多いことが、今のフジ精密の社風の1つになっているのではないでしょうか。普段関わりの少ない部署の方とも横のつながりが生まれますし、仕事を離れてプライベートな話をすることで上司とのコミュニケーションも取れ、何でも言いやすい関係性が築けています。また、お酒の場には社長も参加するので、ざっくばらんに話をする中でグッと距離が縮まっています。

和気あいあいとした社風

〜 どんな小さな仕事でも真面目にバカ正直に 〜

フジ精密は、輪を大切にするチームワークの良い会社です。私たちの仕事は表舞台に出るものではありませんが、決してなくなることはない重要な業務です。人が行うので難しいことばかりですが、それが逆に面白いのです。どんなに小さな仕事でも真面目にバカ正直にコツコツやる、そんな学生さんに来て欲しいですし、フジ精密はそういう会社だと思います。

どんな小さな仕事でも真面目にバカ正直に
Page top
採用情報