キャリアステップStep up

キャリアステップ
一般社員 入社してすぐは、一般社員として任された仕事に責任を持ち、各々が業績に貢献できる成果を上げることを目指します。
サブ
リーダー
一般社員としてのスキルがある程度身に付くと、やがてサブリーダーに抜擢されます。サブリーダーは職場をリードする目標を設定し、小規模のチームをまとめます。
チーム
リーダー
サブリーダーとしての評価が認められると、チームの任務や目標を設定し、中規模のチームをまとめるチームリーダーになることができます。チームリーダーは、同僚や後輩たちのモチベーションを高めながら、計画的な成果を残すことが求められます。
グループ
リーダー
チームリーダーとして実績を積んだ後は、グループリーダーへとステップアップします。グループリーダーは会社の方針に沿った最適な組織目標を設定・実行し、一事業グループをまとめる役割です。業績達成に必要な制度環境を整備し、期間業績を達成することが求められます。
本部長 さまざまなリーダーを経験した後は、会社の経営を左右する本部長と取締役という重要なポストが与えられるチャンスも。本部長は、会社の基幹事業・中枢機能の統括責任者として経営層の意思決定を補佐し、担当部門の中長期的な業績と成長性を確保する役割が求められます。
取締役 取締役に昇進すると、会社の基幹事業・中枢機能および新規事業の経営責任者として意思決定をし、会社全体の中長期的な業績と成長性を確保することが求められます。
キャリアステップ
Page top
採用情報